July 25, 2015

* インディアントレーディングショップ in Minessota *

IMG_1171
IMG_1172
IMG_1178
IMG_1177
IMG_1174
IMG_1175
IMG_1179
こちらもミネソタに行くと必ず行くお店
インディアンのトレーディングショップです。
私はあまりインディアンの事は知らないのですが
15年前に初めてミネソタに来た時から、必ず立ち寄っているお店です。
そのお店がある町の名前はなんと、コスモス(宇宙)
メインストリートはミルキーウェイ(天の川)
町中の道の名前は全部、惑星や星座の名前がついているという
なんだかちょっと不思議な田舎町にある面白いお店です。

初めて訪れた時に買った、ホワイトハートの赤いアンティークビーズ
最近はアンティークのビーズをあまり見ないので
昔こんなのここで買ったんですよ。と話すと
「もうあのクオリティーの物は出回らないから、
売らずにとっておきなさい」と店主が教えてくれました。
いつもインディアンと何10年とトレードしている人が
言うんだから、間違いないと思うので大事にとっておこうと思います。


そして、今回は白いレザーを購入
レザーもあまり興味がないのだけど、買ってしまいました。
本当は『ブレインタン』の白いレザーが欲しかったのだけど
やっぱりお値段高め。というより
こちらのお店は1枚が大きいので、多分知ってる人が見たら
安いんだと思うのですが。。。私にはちょっと高めでした。
『ブレインタン』とはインディアンの間でも最も古い技法で
動物の脳みそを使って皮を鞣すという手法なんだそうです。
日本で最も古い鞣し技法は水と塩と油を使うんでしたっけ?
『全てを無駄なく使う』というインディアンの教えが
ここでも出てるんでしょうか。にしてもとってもワイルド〜。
でもブレインタンの白いレザーは本当に綺麗で
レザーをまったく知らない私でも一目で違うと分りました。

今回購入した白いレザー
手づくりの大麻の糸を使って小物入れを作ってみようと思います。

お店の人も日本の麻糸に興味津々でした。
アメリカの人達も日本の麻にとても興味がある様で、
どこに行っても「頑張って続けてね!」と応援してくれたり
連絡先の交換したりと、ネットワークがさらに広がりました。
去年のベトナムといいい、麻は国境越えるな〜とつくづく。

さて。こちらのお店。
Dance with wolves(ダンス ウィズ ウルブス)
という映画のインディアンの衣装担当もしたんだそうで
実は隠れたこだわりの名店なんだそうです。
道理で、興味なくてもなにかに惹かれちゃうわけですね。