染めもの

June 26, 2017

* 藍染めコットンのラグ *

IMG_2916
織りクラスで制作していた、ラグが完成しました!

藍染めのコットン糸をぜいたくにたっぷり使って
横30cm×縦65cmの小さめラグを作りました。
IMG_2919
アクセントに少し使ってある
こちらの糸は、久留米絣の糸を染める時に縛った糸なんだそうです。
久留米絣の方が出店されている時に購入したのもので
主役の糸ではないので、
普段は手にはいらない糸なのではと思うのですが
味があってとても好きな糸です。

ずっと何に使おうか悩んでいたけど
今回使ってみて大正解でした。
藍の色っていいですね。大好きです。
IMG_2925


hpd128 at 17:37|Permalink

April 12, 2016

* ミャオ族の手しごと *

IMG_1897
IMG_1899
久々に東京に行ってきました。
お目当ては、ミャオ族の布の展示会です。
なんとなく流れでご一緒させてもらったのですが
とてもいいタイミングでお誘いしてもらったなぁと
いつもながら、ありがたい楽しい1日となりました。

伝説と神話の中で暮らしていたという苗族の作り出す
衣装は『着るお守り』と言ってもいいほど
なにかとても神聖な空気を感じました。
まさに『衣』とはこのことなんだろうなと
途方もなく細かく丁寧な苗族の手仕事
糸をつくる、染める、織る、刺繍をする。その全ての行為が
きっと祈りだったんでしょうね。

家族の為に心を込めて、何年もかけて作った布と刺繍
ミクロの中に広がる世界感
国も違うし、生きた時代も違うけど
私の心にも何かが届きました。
何だろう。ぐさっと何かがささりました。

今回展示をしてくれた、佐藤さんの常滑にあるギャラリー
苗族刺繍博物館にもぜひ足を運んでみたいですね。
IMG_1900
IMG_1901
http://miao-japan.com/2016/4118

hpd128 at 20:40|Permalink

March 30, 2016

* 自然を敬う *



友達から誕生日に本をもらって読んだ
志村ふくみさんの言葉がとても心に響きました。

読んでいる間は不思議と頭が違う世界に入り込んでしまう
くらい透明というか。心地いい気分になります。

こちらの動画も、優しい語り口なのに
自らの経験から出る言葉は力強いですね。

心に響いた感覚を信頼して
少しづつ自分が行きたいと思う方へ進んでいきたいな。

hpd128 at 20:33|Permalink

October 21, 2014

* ちくちく手縫い 藍染めコットン *

IMGP0449
IMGP0459
IMG_0474
今年のはじめ、
ベトナム北部へ生地探しの旅に行った時に購入した
手織りの藍染めコットンの生地で
手縫いでチュニックを仕立ててみました。(写真下)

写真で見ると青いのですが本当は黒に近い紺色、
数年か着込むとおばちゃん(中写真)
の様ないい風合いが出てくるそうで、楽しみです。

小さな町で普通にお買い物をしているところを捕まえて
お家にトツゲキでおじゃまして、生地を売ってもらいました。
家族の民族衣装用に作った布らしいので、大事にしなくては。
これを着てまた、おばちゃんとこに遊びに行きたいなぁ。


hpd128 at 16:42|Permalink

September 29, 2014

* 民藝の世界 *

13-8932-87
img-20130904serizawa02
img-20130904serizawa01
横浜で行われている 『芹沢けい介の世界展』に行ってきました。
型絵染めの人間国宝、芹沢けい介さんの世界は
何時間でも見ていられるほどの素晴らしい作品ばかり。

民藝は暮らしの中にあるべきもの
でも最近の自分の作品は観賞用になってしまっている。
もう一度原点に帰らなければいけない。

上映されていたビデオでお話されていた姿がとても印象的でした。
芹沢けい介さんの作品づくりの思いは何と謙虚なんでしょう。
こんなに素敵なものが暮らしの中にあったらどんなに豊だろう。

日々の生活をもっと丁寧に過ごしていきたいな。
とつくづく思ったのでした。

hpd128 at 15:05|Permalink