素材のこと、生地のこと

April 12, 2016

* ミャオ族の手しごと *

IMG_1897
IMG_1899
久々に東京に行ってきました。
お目当ては、ミャオ族の布の展示会です。
なんとなく流れでご一緒させてもらったのですが
とてもいいタイミングでお誘いしてもらったなぁと
いつもながら、ありがたい楽しい1日となりました。

伝説と神話の中で暮らしていたという苗族の作り出す
衣装は『着るお守り』と言ってもいいほど
なにかとても神聖な空気を感じました。
まさに『衣』とはこのことなんだろうなと
途方もなく細かく丁寧な苗族の手仕事
糸をつくる、染める、織る、刺繍をする。その全ての行為が
きっと祈りだったんでしょうね。

家族の為に心を込めて、何年もかけて作った布と刺繍
ミクロの中に広がる世界感
国も違うし、生きた時代も違うけど
私の心にも何かが届きました。
何だろう。ぐさっと何かがささりました。

今回展示をしてくれた、佐藤さんの常滑にあるギャラリー
苗族刺繍博物館にもぜひ足を運んでみたいですね。
IMG_1900
IMG_1901
http://miao-japan.com/2016/4118

hpd128 at 20:40|Permalink

March 30, 2016

* 自然を敬う *



友達から誕生日に本をもらって読んだ
志村ふくみさんの言葉がとても心に響きました。

読んでいる間は不思議と頭が違う世界に入り込んでしまう
くらい透明というか。心地いい気分になります。

こちらの動画も、優しい語り口なのに
自らの経験から出る言葉は力強いですね。

心に響いた感覚を信頼して
少しづつ自分が行きたいと思う方へ進んでいきたいな。

hpd128 at 20:33|Permalink

March 15, 2016

* 麻糸績み *

IMG_1839
初〜!自分で手挽きした麻から糸を績んでみました。
でも、半年毎日コツコツ績んでやっとこれだけ。。。

ちょうど縒りをかけている時に
近所に住む友人がプラっと寄ってくれたので
弱音をはいてみたら
「それでいいんだよ」っとさらっと一言。

私が単純だという事もあるけど
絶妙なタイミングってこの事か。と思うくらい
妙に納得してしまった。

そうだよね。
どうせ時間かかるんだもんね。とことん時間かけちゃうよ。
と思ったのでした。


hpd128 at 16:43|Permalink

July 25, 2015

* インディアントレーディングショップ in Minessota *

IMG_1171
IMG_1172
IMG_1178
IMG_1177
IMG_1174
IMG_1175
IMG_1179
こちらもミネソタに行くと必ず行くお店
インディアンのトレーディングショップです。
私はあまりインディアンの事は知らないのですが
15年前に初めてミネソタに来た時から、必ず立ち寄っているお店です。
そのお店がある町の名前はなんと、コスモス(宇宙)
メインストリートはミルキーウェイ(天の川)
町中の道の名前は全部、惑星や星座の名前がついているという
なんだかちょっと不思議な田舎町にある面白いお店です。

初めて訪れた時に買った、ホワイトハートの赤いアンティークビーズ
最近はアンティークのビーズをあまり見ないので
昔こんなのここで買ったんですよ。と話すと
「もうあのクオリティーの物は出回らないから、
売らずにとっておきなさい」と店主が教えてくれました。
いつもインディアンと何10年とトレードしている人が
言うんだから、間違いないと思うので大事にとっておこうと思います。


そして、今回は白いレザーを購入
レザーもあまり興味がないのだけど、買ってしまいました。
本当は『ブレインタン』の白いレザーが欲しかったのだけど
やっぱりお値段高め。というより
こちらのお店は1枚が大きいので、多分知ってる人が見たら
安いんだと思うのですが。。。私にはちょっと高めでした。
『ブレインタン』とはインディアンの間でも最も古い技法で
動物の脳みそを使って皮を鞣すという手法なんだそうです。
日本で最も古い鞣し技法は水と塩と油を使うんでしたっけ?
『全てを無駄なく使う』というインディアンの教えが
ここでも出てるんでしょうか。にしてもとってもワイルド〜。
でもブレインタンの白いレザーは本当に綺麗で
レザーをまったく知らない私でも一目で違うと分りました。

今回購入した白いレザー
手づくりの大麻の糸を使って小物入れを作ってみようと思います。

お店の人も日本の麻糸に興味津々でした。
アメリカの人達も日本の麻にとても興味がある様で、
どこに行っても「頑張って続けてね!」と応援してくれたり
連絡先の交換したりと、ネットワークがさらに広がりました。
去年のベトナムといいい、麻は国境越えるな〜とつくづく。

さて。こちらのお店。
Dance with wolves(ダンス ウィズ ウルブス)
という映画のインディアンの衣装担当もしたんだそうで
実は隠れたこだわりの名店なんだそうです。
道理で、興味なくてもなにかに惹かれちゃうわけですね。 

hpd128 at 22:09|Permalink

March 04, 2015

* 身近な植物 *

IMG_0813
家の近くを少し歩くと色々な植物や木々が生えています。

写真の材料は徒歩15分圏内にあった植物から
ひもや小さなポーチ、ビーズを作ってみました。 

一番左はニュージーランドリネンと呼ばれているもので
ニュージーランドの先住民との関わりが深い植物です。
なぜか?ウチの近くに生えているのですが
昔なにかの需要があって植えたのかな。と思います。

真ん中下は野生の葛から繊維をとってひもにしました。
その上も野生の苧麻、そのおとなりはニュジーランドリネンで
ビーズは森の落ち枝からです。
右のつるはこれから小さなバスケットを作る予定です。

たった15分歩いただけでも、こんなに自然の材料がたくさん。
染料になる植物も沢山あります。
できるだけ買わずに生活に取り入れていけたら
自然と関わりながら、手をうごかして、日常で使う。
そんな小さな還元ができたらもっと心が豊になりそうですね。


hpd128 at 10:36|Permalink