大麻・Hemp

September 14, 2017

* ありがとうございました *

GetAttachmentThumbnail-1
21586309_1120155871448987_1062319656_n
先週末、中之条ビエンナーレでおこなった
「麻がらヒンメリワークショップ」
おかげさまで沢山の方にご参加していただきました。

あまりにもすごい人で、
肝心の麻のお話がまったくできなかった事が
ちょっと心残りです。
多分、中には麻について
お話したかった方もいたのではないかと。。。
折角来ていただいたのに、お話ができなかった方
参加できなかった方もいたと思います。
また機会がありましたら、
ゆっくりとお会いできたら嬉しいですね。

次回は10月8日・9日に開催します。
当日予約も受付けますが、ご予定が決まっている方は
ビエンナーレ事務局で事前予約も受付ていますので
ぜひご利用ください。
http://nakanojo-biennale.com/

ご参加おまちしております。

GetAttachmentThumbnail
:::師匠が作ってくれた麻のおまもり:::


hpd128 at 11:35|Permalink

September 13, 2017

* オクソのかばん *

IMG_3015
IMG_2910
IMG_2908
オクソの布ができたのでバックを作りました。

オクソをくれた麻の師匠に見せたら
相変わらずの、無愛想でこわい顔をしながら
「おい。あのバックみせてみ」と
自分の事の様に周りの人に自慢してくれました。
きっと喜んでくれたんだと思います。

去年までは強面フェイスにびびってしまい
上手に話す事もできなかったけど
今年は少し、慣れてきたかも。と言っても
調子に乗って話すと、本当に怒られそうなので
気をゆるめ過ぎない様に、気をつけないとね!

お世話になってる麻の師匠達は
口数の少ない人ばかり。
でも無言で貴重な本を持ってきてくれたり、
使えそうな素材を集めておいてくれたり
温かく見守ってくれているんだなと感じます。
そんな素材だからきっとよい物ができるんだろうな。


hpd128 at 22:38|Permalink

August 15, 2017

* Hemp Himmeli Workshop *

himmeli

おかげさまで、好評につき
次回10月のワークショップは予約ができる様になりました。
当日対応もしていますが、ご参加できない場合がありますので
予約をおすすめいたします。お問い合わせはこちらまで。

中之条ビエンナーレ実行委員会事務局

TEL:0279-75-3320

メール



麻を使ったワークショプのお知らせです。
群馬県中之条町で2年に1度行われるアートイベント
『中之条ビエンナーレ 2017』に参加させていただく事になりました。
古くから続く温泉街がある、自然豊かな田舎町のあちこちに、
国内外から参加しているアーティストの個性豊かな作品が展示されます。
全体に流れる田舎ならではの抜け感と、
ちょっと寄り道したくなる風景、なんともいい雰囲気です。
イベントは9月9日〜10月9日までの1ヶ月間開催されます。
泊まりでのお出かけがオススメです。
ぜひこの機会に足を運んでみて下さいね。

Chica Notch ワークショップ
『麻がらヒンメリワークショップ・光のモビールを作ろう』
日程:9/9(土)10(日)・10/8(日)9(月祝)
時間:10:00-12:00 /14:00-16:00 参加費:500円
会場:イサマムラ・1F 群馬県吾妻郡中之条町五反田3534−4
http://nakanojo-biennale.com/

本来のヒンメリは麦わらを使うのですが、
日本で栽培された貴重な麻(大麻)の茎部分を使います。
さらに、ヒンメリ作りに適した細い麻がらを選別してご用意しました。
きほんの形 八面体をつくります。好きな色のぽんぽんをつけて完成です。
参加費も特別プライス。

IMG_3006

ワークショップの後はぜひ。
イサマムラから少し北へ、イベント会場にもなっている
国指定重要文化財・富沢家住宅にも行ってみてください。
茅葺屋根の一番下の部分に、麻がら使われているのが見る事ができますよ。

イベント開催中、上記日程の4日間だけとなりますが、
ご都合あいましたらぜひ。お待ちしておりまーす。

hpd128 at 22:42|Permalink

July 18, 2017

* 麻がらのそうじ *

IMG_0223
去年いただいてきた、
麻がらのそうじをようやく始めてみました。
麻がらヒンメリWS用に使う
素材の選別も兼ねて、1本1本
割れやすくないか、曲がっていないか、見ています。

去年はかなりほっそりした麻が多かったので
繊維的にはあまりよくなかったのかもしれないのですが
ヒンメリ用としては、パーフェクト!
とても貴重な麻がら素材となりそうです。

麻がらヒンメリはなんだかごっついイメージが
あるのですが。。。

去年の麻は、先端の部分は糸針を使うくらいの細さ。
本来の麦わらの様な繊細なヒンメリが作れそうです。
この極細部分は、ディスプレイ用で色々作ってみようと思います。
(写真の麻がらよりもっと細いです。)

あぁ。もう。いつものことながら
もっと早く気がついていれば良かった。。。
この繊細な麻がらは、ぜひみなさんにも見ていただきたい!
と、時がせまっている今。火がついてしまいました。。。


hpd128 at 21:16|Permalink

July 01, 2017

* 麻を編む *

IMG_2937
麻の繊維で、小さなかごを編んでみました。
かご編みは初心者なので、なかなか難しかった。
でもなんとなく、できたかも。

今回使った繊維は
麻はぎの時に茎に残ってしまった「あまりもの」の
繊維を利用してみました。
IMG_2219
茎から繊維をはがした後、
麻がらを上の写真の様に乾燥させます。

この時に、剥がれきれずに
残ってしまった部分を特別にいただいてきました。
麻挽きをする前なので、麻の繊維そのものということなのですが
同じ余った繊維(オクソ)とは違って
こういう繊維は昔は使われていたんでしょうか?気になるところです。
IMG_2912
何か作ってみたら?といただいたはいいものの。。。
何に使おう?と半年以上も置いたままでしたが
ようやく手が動きだしました。
次は夏用のかごバックを作ろうと
ざっくりな糸をつくって、編みはじめています。

IMG_2933
やっと底部分が完成。
さて。夏までに間に合うかなぁ。。。


hpd128 at 00:31|Permalink